宝石の一つ

古くから大切にされてきました

翡翠は、長寿や健康を表し、多くの民族でお守りとして大切にされてきました。また、成功や繁栄を導くとされ、権力者や事業家などにも愛されてきた宝石です。日本でも、勾玉として利用され、考古学的にも価値のあるものとされています。また、糸魚川流域で産出することで有名です。 「翡翠」は現在でも貴重なものとして取引されています。「翡翠」でできた製品はアクセサリー類、置物、勾玉、香炉など色々あります。持っている「翡翠」を売りたいという場合は、買取を行っている専門業者がいますのでそちらで査定してもらうのが良いでしょう。

見分けるのは困難です

一般的に宝石として「翡翠」と呼ばれるものはヒスイ鉱石が50%以上含有されている硬玉のことです。軟玉であるネフライトは中国などでは同一に「翡翠」とされていることがあるので、注意が必要です。また、質の悪いものや偽物もあるので、素人に見分けることは困難です。 「翡翠」の買取を依頼する場合も、なるべく経験の豊富な鑑定士がいる買取業者を選ぶことが大切です。電話などでまず問い合わせや相談してみましょう。インターネットなどで情報を調べるのも良い方法です。持込や出張などで査定をしてもらい、買取を行ってもらうか決めましょう。査定は無料という業者もありますので、気軽に相談できます。 翡翠は古くからパワーを持った石として大切に扱われてきたものです。買取を依頼する際も、慎重に良い業者を選んできちんと査定してもらい、次に大切にしてくれる人へ引き継いでいくようにしましょう。